1. HOME » 
  2. columnist » 
  3. Migiwa » 
  4. 【連載:chez Nicole(シェ・ニコール)】vol/29 –冬じたく

【連載:chez Nicole(シェ・ニコール)】vol/29 –冬じたく

post date:2017.11.29

今年も、クリスマスツリーのお届けが始まりました。
2m以上のツリーを一人で飾りつけるのは、正直な話、大変です(苦笑)

去年、電飾をつけずに、室内のライトだけでも輝いて見えるよう
オーナメントのつけ方を徹底的に研究した甲斐あって
今年は、オーナメント選びも飾り付けにも「自分のルール」ができました。

IMG_1493

例えば、オーナメントは
・反射がきれいなもの(メタリックのもの、ガラスのものなど)
・同系色で質感が異なるものを揃える
 (表面がツルツルのもの、ラメのもの、カッティングが入っているもの等)
などを基本としてます。

あと、オーナメント選びや飾り付けよりも
一番大切なことは、ツリーの葉をきちんと丁寧に広げること。(造花のツリーの場合)

もみの葉を下の段から、そして、奥から丁寧に葉の向きを互い違いに広げます。
そうすることによって、本物のような奥行きが出るのと
オーナメントがつけやすくなります。

これらは、ほんのごく一部のマイルールですがツリーを出す際に
よかったら思い出してみてください^^

IMG_1169

こちらの写真は、去年のパリへ行った時のものです。
ジョルジュサンクホテルの廊下に飾られたツリー。
(廊下用でこの豪華さ。)
シンプルなのに華やかさと品がある飾り方は参考になることが沢山詰まっていました。

とはいえ、お家でツリーを用意する時は、飾り方も大切ですが
あのワクワクする時間を楽しむことが一番!

みなさんも楽しい冬じたくを♬

 
 
 
 

IMG_0057

フラワーデザイナー
太田 美際 / migiwa OTA


 
IT企業で勤めた後、花修行のためパリへ渡る。現在は、フリーランスにてギフトフラワー・装花・ワークッショプの開催などを行う。
 
HP:http://migiwao.com
IG:jardin_de_muguet
 
 
 
 

●「chez Nicole(シェ・ニコール)」とは・・・
フランス語で「ニコールの家」という意味です。
パリでの花修行中、「migiwa」と覚えられなかったムッシューが私を「ニコール」と命名しました。
お隣さんはどんな風にお花を飾っているんだろう?という感じでchez Nicoleをのぞきにいらして下さい。
ちなみに「ニコール」という名前は、わりと古風な名前の様で今の若者たちにはあまりいない名前だとか…

編集長

編集長【写真】

Noriko Hirose

航空会社の客室乗務員から、アルマーニ・ジャパンに入社、アパレルの世界へ。タレントのスタイリストをしながら、自ら企業広告のモデルを務めることも。現在は“女子力”を提案するライフスタイルプロデューサーとしてイベントや商品のプロデュースをはじめ、ファッション、ビューティー、ライフスタイル情報を雑誌・ブログ等で発信している。
メディア掲載情報はこちら

BLOG

Noriko Hirose Official Blog

Loading...

CATEGORY

  • Fashion
  • Life Style
  • Beauty
  • Travel
  • Interview
  • Shop
  • facebook
  • twitter
  • Ameba

Page Top

大人の女子力アップを応援するNstyle [エヌスタイル] は、「ファッション」「ライフスタイル」「美容」「旅行」などの情報を大人女子を目指す皆様にお届けするWebマガジンです。
編集長でありスタイルプロデューサーでもある廣瀬規子が直接体験、経験した生の情報を写真と共に提供していきます。
少しでも皆様の魅力的な自分のスタイルを作るきっかけになれば幸いです。