1. HOME » 
  2. columnist » 
  3. Migiwa » 
  4. 【連載:chez Nicole(シェ・ニコール)】vol/13-「好き」のつみかさね

【連載:chez Nicole(シェ・ニコール)】vol/13-「好き」のつみかさね

post date:2017.03.09

先日、私がパリで花修行をしていたフラワーブティック ローズバッドのフローリスト
ヴァンソン・レサール氏の来日イベントがありました。

ヴァンソンの作る軽やかで自然体で
それでいて、洗練された空気を纏っている花は何度見ても惚れ惚れしてしまいます。

好きな音楽を聴きながら鼻歌を歌って花束を作り上げていく
ヴァンソンを見ているだけでこっちまで楽しくなってくる。

自分が花を束ねているときの顔を見る事はそうそうないけれど、
笑顔で写っている自分をみてちょっと安心したのと同時に
私の花の原点がこの環境にあるから、花を好きになり続けているんだなと実感しました。

「花」という核を取り囲む様に
尊敬する人、感謝する人、楽しい人…好きな人が周りにいて
そこに嬉しかったり、喜んだりする経験が少しずつ積み重なり、
核が丈夫になって、どんどん育っていってる感じ。

好きなものをどんどん好きだと思える状況がありがたい。

20代の頃、自分の「好き」がわからずに不安というか
なんてつまらない人間なんだろうか…と思っていた自分に
そんなに焦らなくて大丈夫だから!と一声かけてあげたい。

私の場合、好奇心旺盛な分「興味」を示すものは多いけれど
なかなか「好き」の領域へ移行するものがなかったのですが、
色々と覗き見をしたことで取り巻く環境も含めて
自分の「好き」のポイントを前よりは把握できた気がします。

自分のことなのに、趣味とか好きなものってなかなか言い切れなかったりするものですよね。

でもそのややこしさがあるから、好きなものが明確化されたときや
夢中になれるものが見つかったときに
楽しさがとてつもないパワーを発揮させるんだろうなと思っています。

私にとって花はそういう存在です。
 
 
 
 

IMG_0057

フラワーデザイナー
太田 美際 / migiwa OTA


 
IT企業で勤めた後、花修行のためパリへ渡る。現在は、フリーランスにてギフトフラワー・装花・ワークッショプの開催などを行う。
 
HP:http://migiwao.com
IG:jardin_de_muguet
 
 
 
 

●「chez Nicole(シェ・ニコール)」とは・・・
フランス語で「ニコールの家」という意味です。
パリでの花修行中、「migiwa」と覚えられなかったムッシューが私を「ニコール」と命名しました。
お隣さんはどんな風にお花を飾っているんだろう?という感じでchez Nicoleをのぞきにいらして下さい。
ちなみに「ニコール」という名前は、わりと古風な名前の様で今の若者たちにはあまりいない名前だとか…

編集長

編集長【写真】

Noriko Hirose

航空会社の客室乗務員から、アルマーニ・ジャパンに入社、アパレルの世界へ。タレントのスタイリストをしながら、自ら企業広告のモデルを務めることも。現在は“女子力”を提案するライフスタイルプロデューサーとしてイベントや商品のプロデュースをはじめ、ファッション、ビューティー、ライフスタイル情報を雑誌・ブログ等で発信している。
メディア掲載情報はこちら

BLOG

Noriko Hirose Official Blog

Loading...

CATEGORY

  • Fashion
  • Life Style
  • Beauty
  • Travel
  • Interview
  • Shop
  • facebook
  • twitter
  • Ameba

Page Top

大人の女子力アップを応援するNstyle [エヌスタイル] は、「ファッション」「ライフスタイル」「美容」「旅行」などの情報を大人女子を目指す皆様にお届けするWebマガジンです。
編集長でありスタイルプロデューサーでもある廣瀬規子が直接体験、経験した生の情報を写真と共に提供していきます。
少しでも皆様の魅力的な自分のスタイルを作るきっかけになれば幸いです。