1. HOME » 
  2. AYAKA » 
  3. 【連載:THE DAY】vol.65-MAY BE MAY

【連載:THE DAY】vol.65-MAY BE MAY

post date:2019.05.21

Nstyleをご覧の皆さまこんにちは。
今日は日本の広域での大雨、風も強く、大荒れの天気です。
5月に入り、大型連休もあったおかげで、今年は多くの方が
心身のだるさを感じているのではないでしょうか。
天気も不安定だし益々気持ちも暗くなってしまいますよね。

さて、今日は心についてのお話をさせていただこうかと思います。
先日、ある邦画を借りて観たのです。
『生きているだけで、愛。』という映画です。
普段、あらすじはあまり読まずに直感で借りるタイプなのですが、
このタイトル、愛、愛、うるさい私にはもってこいだと思わず借りました。

nnn2

内容はネタバレになってしまうので多くを語れませんが、
わりと重いテーマの映画でした。心の病気のね。
主人公の女性が心の病を患っていて、日常の生きづらさとか、
恋人への接し方だったりとか、日々の葛藤が描かれた作品。

実はすごく、10代後半から20代前半の自分と重なるものが多く、
久々に若き頃の自分と向き合う時間をもらった、私にとってはそんな映画でした。

小さな頃から、自分の周りのこととか、大好きな人のこととか、
将来のことなどを色々頭で考えちゃって、そればっかりになることがありました。

そうなってしまうと、他のことなんて全く手につかなくなって、
ただただ考えて考えて考えて怖くなって、不安になって、辛くなって、
しまいには子どものように泣く。
そんな風に、感情のコントロールが上手にできないことがありました。

戦争の話を聞いては、
いつか街に爆弾が降ってきたらどうしたらいいんだろう、
って見えない未来に不安になって怯えて苦しくなってしまったり、

好きな人ができると、好きで幸せになるほど、
いつか来るかもしれない別れが怖くなって、相手の気持ちをはかろうとしました。
相手の反応に少しでも不安要素があると、あぁ、もう好きじゃないんだと悲しくなり
自分から別れた方が傷つかないんだ!といきなり別れを告げたりもしょっちゅう。

 


絶対なんてないんだなんて言い聞かせながら、
本当は絶対というものが欲しくて欲しくてもがいていたんだと思う。

 

nnn3

何と戦っていたんでしょうね、当時は。

あの頃は今よりも自分と向き合ったり、自分のことについて考える時間があったので、
暗い暗いトンネルをずーっとひとりぼっちで歩いているような、そんな時間をたくさん過ごしました。

周りからは、心の中や頭の中って見えないし、
もう考えすぎてぐるぐるになった頭の中のことは、うまく説明するのも難しい、
だからよく、頭と心を半分に割って見せてあげられたらいいのにって思っていました。
こんだけぐるぐる考えてこんがらがって、今ここらへんだよって見せられたらいいのにって。

沢山の時間を費やして、心を削って、苦しい思いをしてきたことは、
いつか何かになるのかなって思っていたし、
大人の言うように目に見える努力とか苦しみじゃないから、
これはただ時間を無駄にしているだけなのかな?ってずっと疑問に思っていたけれど、

今の自分がこうして外に向けて何かを発信しようとしていることって、
そういう時間で得たものたちなんだなぁと、この映画で思ったのです。

暗いトンネルの中で、自分自身に投げかけてきた想いを、
その先の人生で自分自身が経験し、学び、答えや考えをそこに追加していく。
そして同じように苦しんでいる人や、困っている人に寄り添う。
そのための時間だったんだと、妙に納得したのです。

点と点が線でむすばれていくってこういうこと。
だから一つ言えるのは、今の皆さんの頭を抱えている時間、
辛いこと、苦しみ、もがく時間。
意味のない、無駄なことなんてきっとなくて、
その先々の未来できっとそんな時間を大切にできる日がくると思います。
ということです。

みんな同じとか、ひとくくりにはできないからこそ、
多くの答えや強さが生まれるんだと思います。

そんな今日のお話し。
またお会いしましょう!

 AYAKA

 
 
 

Ayaka_01


AYAKA FUKANO(絵描き)


 
東京生まれ。思春期の多感な時期をドイツで過ごし、アートに初めて触れる。

幼い頃からの感受性の強さをアートにぶつけ、世の中に溢れても困らない愛を伝える。

instagram:ayahundred
 
HP:http://ayakafukano.com
 
 
 
 



 

Noriko Hirose

編集長【写真】

Nstyle主宰。航空会社の客室乗務員から、アルマーニ・ジャパンに入社、アパレルの世界へ。その後、タレントのスタイリストとして活動。現在は“女子力”を提案するスタイルプロデューサーとしてイベントや商品のプロデュース、ファッションブランドコンサルティングをはじめ、ファッション、ビューティー、ライフスタイル情報を雑誌・ラジオ等で発信している。
メディア掲載情報はこちら

BLOG

Noriko Hirose Official Blog

Loading...

CATEGORY

  • Fashion
  • Life Style
  • Beauty
  • Travel
  • Interview
  • Shop
  • facebook
  • twitter
  • Ameba

Page Top

大人の女子力アップを応援するNstyle [エヌスタイル] は、「ファッション」「ライフスタイル」「美容」「旅行」などの情報を、魅力的な自分スタイル作りを目指す皆様にお届けするWebマガジンです。
各専門分野で活躍中のコラムニストによるコラムの連載や、主宰者でありスタイルプロデューサーでもある廣瀬規子が直接体験、経験した生の情報を写真と共に提供していきます。
少しでも皆様の魅力的な自分のスタイルを作るきっかけになれば幸いです。